Uncategorized

Amazonのゴールドカードが新規受付終了していた。メリットは?

みなさんこんにちは、さっぴーです。

超人気なAmazonのゴールドカードですが、私の知らないところで新規受付が終了していました。

既存のユーザーには特に影響はないので、なんの知らせもないままでしたので、私も気付くのが遅れました。

今回はAmazonのゴールドカードが最強なる所以を紹介していきます。

ゴールドカードは裏技を使うことで、実質無料でお得にゴールドカードが持てるので、現在ゴールドカードを持たれている方も裏技を使ってお得にゴールドカードを持ちましょう!!

 

Amazonゴールドカードのメリット

 

Amazonゴールドカードのメリット

  • 年会費が実質無料でゴールドカードが所有できる
  • Amazonでのポイント還元が大きい
  • 空港ラウンジを無料で利用できる
  • 各種保険付帯

 

年会費が実質無料でゴールドカードが所有できる

Amazonゴールドカードの年会費1万1000円は高いなぁ、と思われる方もいるかもしれませんが、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」の設定で年会費は半額(設定方法によっては金利が発生せず)、さらにWEB明細割引(6か月間の明細出力が必要)で1100円引きとなり、実質の年会費は4400円となるわけです。

4400円のカード年会費で4900円のAmazonプライム年会費が無料となるため、実質無料以上のゴールドカードとも考えられ、大人気のクレカだったわけですね。

しかし、この方法はやや複雑なので後述しますがデメリットにもなり得るものです。

 

Amazonでのポイント還元が大きい

Amazonでの買い物でのポイント還元率は2,5%と大きいものになっています。

ポイントはアカウントに自動反映されるので、使うのを忘れる心配もありません。決済画面をよく見ると知らずのうちにポイントが自動で使用されるようになっています。

 

空港ラウンジを無料で使用できる

国内の主要空港にあるラウンジを無料で利用できます。もちろん、当日の搭乗チケットを持っていなければ使用できないので、ゴールドカードだけでは入れてくれません。

しかし、このラウンジも軽食などはなく、無料のドリンクとお菓子ぐらいしかありません。

 

各種保険が付帯している

Amazonゴールドカードには2つの保険が付帯しています。

  • 年間300万円までの安心お買い物保険
  • 最高5,000万円までの海外・国内旅行傷害保険

実質無料で付帯している保険とは思えないほど充実した内容ですね。

これらはもちろん、Amazonクラシックカードでは付帯していません。買い物保険は100万円までは付帯しています。

 

Amazonゴールドカードのデメリット

メリットしかないAmazonゴールドカードですがデメリットもあります。

メリットでもお伝えした「マイ・ペイすリボ」についてです。

注意点は「マイ・ペイすリボ」に登録するとリボ払いでしか支払えなくなること。「マイ・ペイすリボ」の実質年率は15.0%。1ヶ月の支払い上限額は自分で決めることができますが、支払上限額を超えた分は自動的にリボ払いになって翌月に繰り越されます。

リボ払いになると手数料がかかるため、リボ払いの上限をマックスにしておくことで、手数料が発生せず実質一括払いのように支払うことができます。

よくわからないとういう人にとってはデメリットとも言えます。

デメリットはこれぐらいです。

メリットよりもデメリットが圧倒的に少ないので、本当にお勧めのゴールドカードでした。

 

-Uncategorized