ガジェット 家電

【サブスク】ブラーバを買ってから後悔しない為にレンタル利用してみた話。

 

困っている人
床拭き掃除ロボットのブラーバを買おうか迷っているんだけど、買ってから後悔したくないな
私も購入するか迷ったんですが、後悔しない為にもレンタル利用することに決めました
さっぴー
困っている人
ブラーバってレンタルできるの?
「rentio」というサイトでレンタルできますよ。自分に合わなければ返却するだけでいいので、おすすめです。
さっぴー

 

 

家電の進化は凄いもので、どんどん生活が豊かになっていますね。

 

いわゆる「時短家電」と言われている下記の家電達は時間がない現代の私たちにとってなくてはならない存在になっています。

 

家電3種の神器

  • ロボット掃除機
  • ドラム型洗濯機
  • 食洗機

 

これらの家電を使用している方もかなり増えたのではないでしょうか?

 

私は全て取り入れることで、時間に追われず家族とゆっくり過ごせています。
さっぴー

 

しかし、この便利な家電達はそれ相応に商品金額が高額となっており、初めて購入する人には敷居が高いですよね。

ちなみに今回紹介するブラーバm6は購入すると59,800円です。

さっぴー
めっちゃ高い

 

 

そのため、購入してから後悔しないようにするためにもレンタル利用を強くおすすめします。

 

各社エントリーモデルを発表したりして安価なモデルもあるにはあるのですが、せっかくなら上位モデルを使ってみたい!という相反する気持ちを持つあなたに向けて今日はお伝えしていきます。

 

今回は床拭きロボットのブラーバに焦点を当ててお伝えしますが、以前に同じくiRobot社のルンバi7というお掃除ロボットの上位機種もレンタルした感想についてもまとめているので、そちらも覗いてみてください。この記事は特に人気の記事です。

ルンバをレンタル(サブスク)で2年間使用して感じたメリット・デメリット!買うのとレンタルはどっちかがお得?

続きを見る

 

後悔しない「ブラーバ」の種類・選び方について

引用:iRobot

 

まずは、自分にあったブラーバを選ぶことが後悔しない為にも重要です。

 

「ブラーバ」とはiRobot社の床拭き掃除ロボットの総称です。総称ということで、ブラーバにはいくつかの種類があります。

現在ルンバ公式ページから購入できるブラーバには下記の3種類があります。

ブラーバの種類

 

  • 「ブラーバ390j」
  • 「ブラーバジェット250」
  • 「ブラーバジェットm6」

 

3つの違いは清掃力と賢さ!今回はこの中でも最上位モデルのブラーバジェットm6について後述しますね。
さっぴー

 

ブラーバ390j

390jの特徴

  • 32,200円と安価なモデル
  • 市販のシートも装着可能
  • ウェット・ドライモードを使い分けられる

市販のシートが装着可能

市販されているクイックルワイパーなどのお掃除シートが使用可能なのは嬉しい機能ですね。

 

ウェット・ドライモードを切り替えられる

本体に水を入れるタンクがあるので、それに水を入れておくことでウェットモードの際には自動でシートに水が染み込むようになっています。それにより、床の汚れを浮かしやすくなり、ピカピカな床になりますね。

 

 


一方マイナス面もあります。

390jのマイナスポイント

  • 充電が面倒

バッテリーの充電には本体を充電器に立てかける必要があり、私は面倒に感じます。

 

ブラーバジェット250

ブラーバジェット250の特徴

  • 自動で洗剤噴射
  • 27,400円と安価なモデル
  • コンパクト
  • スマホから操作可能

自動で洗剤噴射

390jと違い、本体上部の噴射口から洗剤を直接床に噴射してくれるシステムが搭載されています。その為、より汚れを浮かせやすくなりさらっさらの床になります。

 

 

ブラーバジェットm6をレンタルして届いた商品はこちら

今回、家電・カメラなどをレンタルできる専門サイト「rentio(レンティオ)」でブラーバm6をレンタルしてみました。

 

私はブラーバをレンタルする以前からルンバをレンタルしていたので、ブラーバやrentioの存在は知っていましたが3ヶ月の無料レンタルをしているのは知りませんでした。

※現在も3ヶ月レンタル料金無料というキャンペーンになっています。

実際に届いた商品がこちら

 

「ブラーバジェットm6 グラファイトカラー」です。

本体です。新品だから当たり前ですが、めちゃめちゃ綺麗ですね。鈍く黒光りしています。

カッケーんすよ。

パッドです。白いパッドが使い捨て用のパッドで、黒いパッドが洗濯可能で繰り返し使用できるパッドです。

水滴マークがついているものが水拭きようです。

取り出すとこんな感じでした。

 

新しいものを購入した時のこの何ともいえないワクワク感。たまりません。この感覚を味わいたいから新しいものを買っている気がするのは私だけでしょうか?
さっぴー

 

下のリンクからrentioを注文すると2000円引きになりますので、サイトを覗いて検討してみてください。

今なら1ヶ月レンタルが990円!!

rentioに今すぐ申し込む

※9/30まで!

ブラーバジェットm6の特徴

ブラーバの最上位モデルm6について解説していきますね。

結果から言うとm6を使うと下位モデルは使えなくなるぐらい便利でした
さっぴー

また、専用アプリとの連携も非常に便利なので合わせてご覧ください。

m6の特徴

  • 乾拭きと水拭きができる
  • 勝手に充電してくれる
  • 家の間取りをマッピングして掃除したい部屋だけを掃除できる
  • 無駄がない効率的な動きで掃除してくれる
  • 話しかけるだけで、掃除してくれる
  • ルンバとの相性が抜群、それぞれの機能と専用アプリの連携について

それぞれ解説していきます。

 

乾拭きと水拭きができる

m6は乾拭きと水拭きのどちらにも対応したパッドが付属されています。このパッドは洗えば繰り返し使用できるものです。

使い捨てパッドも付属していますが、勿体無くてなかなか使うことができません。
さっぴー

それぞれの専用のパッドに交換するだけで、m6がパッドの種類を感知して乾拭きモードと水拭きモードを自動でスイッチしてくれます。

水拭きの際には専用タンクに洗浄液と水を入れて準備しておく必要があります。

 

勝手に充電してくれる

m6は下記の条件で自動で充電ステーションに帰っていきますので、わざわざ充電する手間がありません。

  • 掃除が終わった時
  • 掃除の途中で充電がなくなりそうになった時⇨充電後は再び掃除が始まる
  • 途中で掃除をキャンセルした時

しかし、他のブラーバは自動充電に対応していないので、わざわざ充電してあげる必要があります。

390jは専用ページには充電している写真がありませんが、専用充電器に立てかけて充電しなければならないので、かなり面倒臭い仕様です。

250は充電バッテリーを取り外して専用アダプタで充電する必要があります。そのため、充電中には使用できないのでバッテリーが2つ必要になります。

その点m6の自動で充電してくれるこの機能はとても魅力的です。

私はm6以外考えられません。
さっぴー

 

ブラーバが家の間取りをマッピングして掃除したい部屋だけを掃除することもできる

この機能がブラーバm6の大本命とも言えます。
さっぴー

ブラーバm6は家の間取りを学習していきます。初めて、ブラーバを起動してから数回掃除を終えると家の間取りがアプリ上にマッピングされます。マッピングされたら、アプリ上で部屋の境界線を引いていき、部屋分けをしていくことで部屋ごとの掃除が可能になります。

また、マップ上にある赤い四角のエリアは掃除をさせないようにする侵入禁止エリアとして任意で設定することができます。

私は料理後にキッチンのみ掃除したり、食後にダイニングのみ掃除したりという感じで使っています。
さっぴー

この機能はブラーバではm6のみとなっています。

 

話しかけるだけで掃除してくれる

これは少し語弊があるのですが、実はブラーバ単体では話かけるだけで掃除はしてくれません。実際に話かけるだけで掃除させるようにするためには下記のデバイスが必要不可欠です。

  • 音声アシスタントデバイス(アレクサ、Google、Siri)
  • Wi-Fi環境
  • スマートリモコン(無くてもOKだがあるとさらにスマートホーム化に)

これらを揃えることで例えば

アレクサ、ブラーバ(or ルンバ)でリビングを掃除して
さっぴー

など、話しかけるだけでブラーバやルンバを起動させることができます。

下の関連記事でも詳しく解説していますが、あらかじめアレクサ側で起動の声かけ設定をしておけば任意の言葉で全ての家電を一斉に操作することもできます。

例えば「アレクサ、行ってきます」
さっぴー

と言うと、電気が消えて、カーテンが閉まって、ブラーバ・ルンバが動き出すというスマートホーム化をかなえることができますのでチェックしてみてください。

【2022年】アレクサでできること一覧、スマートホーム化も

続きを見る

今なら3ヶ月レンタル無料!!

rentioに今すぐ申し込む

※1/4まで!

 

ルンバとブラーバの相性が抜群、専用アプリとの連携も良好

お掃除ロボットであるルンバとは相性が抜群です。

特に下記の特徴が印象的でした。

  • 同じアプリからブラーバとルンバが操作可能
  • 何らかの原因で掃除できないイレギュラーもアプリ上で教えてくれる
  • ルンバで掃除後にブラーバが自動で起動してくれる

同じアプリからルンバとブラーバが操作可能

これはルンバのアプリのホーム画面です。ルンバやブラーバの名前も任意に変更することができます。

私はルンバをルンパ2号と命名しています。

このアプリ上でルンパ2号とブラーバジェットがあります。それぞれをタップすると起動させたい機種をスイッチすることができます。

また、下の画像のように機種に何かしらの不具合があれば教えてくれます。

また、アプリ上で設定することでルンバで掃除後にブラーバで拭き掃除を自動で行うことができます。

ブラーバのサブスクで実際にかかった料金は?

これが実際の注文時の写真です。

本当に注文から3ヶ月間は無料でレンタル可能です。

4ヶ月目以降から2,180円がかかってきます。

ここで、ふと疑問になりました。

3年レンタルしたら自分のものになるなら、購入する場合とサブスクの場合でどっちがお得なんだろう?
さっぴー

ブラーバのサブスクメリット①料金が安い

困っている人
サブスクは毎月料金がかかるから高くつくんじゃないの?
そんなことはありません。むしろ安くつきます。
さっぴー

rentioでルンバやブラーバを安心継続コースで利用すると、3年後には自分のものになりそれ以降の料金が掛からなくなるというルールがあります。

下の写真をご覧ください。

これ凄いですよね。

ということは、3年間サブスクを利用し続けると

1,880円✖️33ヶ月(3ヶ月は無料)=67,680円となります。

先述しましたが、ブラーバジェットm6は購入すると59,800円です。

 

金額はサブスクとあんまり変わりません。
さっぴー

 

 

Yahooショッピングでは最低8%還元中なので、Yahooプレミアムに加入している人はさらにお得に買えます
さっぴー

購入してしまうと、商品保証は1年間ですが、レンタル中は保証期間がずっと続きます。それを考えるとレンタルもメリットがありますね。

 

関連記事
ルンバをレンタル(サブスク)で2年間使用して感じたメリット・デメリット!買うのとレンタルはどっちかがお得?

続きを見る

ブラーバ(ルンバ)のサブスクのメリット②安心継続コースでは新品が届く

先述しましたが、ブラーバm6を「安心継続コース」で利用すると新品が届きます。

これが、「お試し2週間コース」だと点検済みのリユース品になりますので、中古品に神経質な人や新品を使いたい人は注意しましょう。しかしリユース品といってもしっかり清掃や点検がされているので大丈夫だと思います。

今なら1ヶ月レンタルが990円!!

rentioに今すぐ申し込む

※9/30までです!

 

ブラーバ(ルンバ)のサブスクのメリット③修理費用が格安

rentioを利用中はとても厚いサポートがあります。

それがこちら

公式で購入すると1年間は無料保証がついていますが、それ以降は有償になります。

ここで注意なのですが、修理が不可能な場合の故障については上限2000円ではなく販売価格の100%を上限とするという記載がありました。

後悔しない為に!ブラーバ(ルンバ)のサブスクのデメリットについて

困っている人
これだけメリットだらけだとデメリットはないんじゃないの?
メリットがかなり多いサービスですが、デメリットもあります
さっぴー

サブスクのデメリット

  • 違約金が必要なことがある
  • 返却時には外箱も送り返す必要がある
  • 毎月の支払いはクレジットカードのみ

デメリット①違約金が必要なことがある

「あんしん継続コース」を利用する場合は最低6ヶ月レンタルする必要があります。それを待たずに返却すると違約金が発生します。

上の写真はこのブラーバm6の場合の違約金で機種やレンタル品によって金額が異なります。

6ヶ月以上レンタルするつもりがない人はお試しコースがおすすめです。

 

デメリット②返却時には外箱も送り返す必要がある

商品が届いたら外箱はすぐに畳んで捨ててしまわないようにしましょう。

商品を返却する際は付属品も含めて届いたものを全て送り返す必要があります。

私は外箱を覆っていた段ボールも保管しています。
さっぴー

 

デメリット③毎月の支払いはクレジットカードのみ対応

毎月の支払いはクレジットカードのみで銀行引き落としや、現金支払いには対応していませんので注意です。

私はクレジットのポイントも貯めているので、クレジット支払いに対応しているのはありがたいです。
さっぴー

ちなみに三井住友カードゴールドNLというゴールドカードを年間100万円利用すると翌年以降の年会費が無料になる、いわゆる100万円修行を行っていますので、興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

三井住友カードゴールド(NL)100万円修行の裏技まとめ

続きを見る

 

ブラーバ(ルンバ)のサブスクのまとめ

メリット

  • 購入よりもレンタルの方が安い
  • 修理費用が最大2000円
  • 新品が使える

デメリット

  • 6ヶ月未満の返却では違約金が発生する
  • 返却時には外箱も送り返す必要がある
  • 支払いはクレジットカードのみの対応

今なら3ヶ月レンタル無料!

rentioに今すぐ申し込む

※1/4まで!

-ガジェット, 家電