ガジェット

iPad OS 15の新機能でマルチタスクが更に効率的に?おすすめの使い方も解説していきます

みなさんこんにちは、さっぴーです。

さて、本日9月21日にiPad OS 15がリリースされました。

今回は実際の使用方法や新機能などをお話ししていきたいと思います。

それではいきましょう

 

今回の機能まとめ

  • Split View
  • Slide Over
  • Shelf
  • Center
  • App Library
  • Widget⇨⇨⇨1番の変更点!?おすすめの使い方も紹介!!

 

それぞれみていきましょう

iPad OS 15の機能「Split View」について マルチタスクに最適

Split Viewは以前のバージョンからもありましたが、方法が増えました。

以前はアップスイッチャーからアプリを長押しして画面半分に押し込んで起動していましたが今回からは下記方法が追加されます。

 

これはウェブでのページですが、ページ上部に3つの点が表示されています。

これをタップすると

3つのマークが表示されます。

Split Viewでは一番左のマークをタップすると

今まで開いていたページが左端に寄せられてホーム画面が表示されます。この中からSplit Viewで使用したいアプリをタップするとSplit Viewとして2つのアプリを使用できます。

ちなみに

画面下部から上部にスライドさせることでapp スイッチャーを起動できますが、スイッチャーの中でもSplit Viewを作ることができるようになりました。

 

iPad OS 15の機能「Slide Over」について マルチタスクに最適

Slide Overの機能も以前からありますが、とても便利な機能ですよね。

おさらいしていきましょう。

 

この画面のように違うアプリを画面の左右どちらかの端に小さなウィジェットにて表示できるようになる機能です。

これの表示方法も

ページ上部の右のマークをタップすると

もともと表示していた、アプリが右側に移動して別のアプリを立ち上げるホーム画面に移動します。

少し煩わしい人は以前からの方法でも使用できるので、自分にあった方法でいいと思います。

 

iPad OS 15 の機能「Shelf」について

「Shelf」はウインドウを切り替えて即座に任意のウインドウを主画面に映し出すことでができます。

一つのアプリ上で違うウインドウにて処理を行なっていることもあるかと思いますが、その時にこの「Shelf」が効果を発揮します。

下の写真を見て下さい。

アップル公式のもので、メモアプリと思いますが、下部に同じメモアプリで4つ並列起動しているのが見えます。これらのいずれにも一瞬でスイッチできてしまうというものです。

方法は、起動中のアプリを主画面に置いている状態で、dockから同じアプリをタップすると並列起動中のウインドウが下部に表示されます。

しかし、今は純正アプリのみの対応なようですので、注意が必要です。

 

iPad OS 15 の機能「Center」

次は「Center」です。

こちらの機能はマルチタスクを効率化というよりも既存のアプリの使用感を向上させるものです。

こちらも現在は純正アプリでのみ使用可能とのことです。特にメールやメモアプリで役に立つのではないでしょうか?

内容は下記の通りです。

メモアプリで解説しますね。

対象のメモを長押しすると右にポップが出てきて「新規ウインドウで開く」をタップします。

すると

選択したメモ内容が中央(Center)に大きく表示され視認しやすくなるというものです。

 

iPad OS 15の機能「App Library」 マルチタスクに最適

AppライブラリーはiPadが自動でアプリをカテゴリー分してくれているゾーンです。

ホーム画面の一番右側に用意されています。こちらはとても有用です。

というのも、下の写真のようにホームの右端だけでなく、dockの右端にもライブラリーが準備されているからです。

これにより、わざわざホーム画面に戻らずともライブラリーとして多くのアプリを表示できるので、スイッチがとても早くかつ楽になりました。

 

iPad OS 15の機能「Widget」

この「Widget」が今回のOSでとてもcoolで直感的な変更だと感じました。

今まで通り、ホーム画面長押しで、左上部の+マークをタップすると、ウィジェットを作成できます。

私のおすすめは「ファイル」をウィジェットに追加することです。

見ていきましょう!

「ファイル」をタップして任意のウィジェットの大きさを指定します。

今回は一番大きなものにしました。

すると、これぐらいの大きさになります。

ここから「ファイル」の場所を指定して表示させることができます。

ホーム画面を長押しで全体が震えている状態で、ウィジェットのどこかをタップすると下の写真のようになり「ファイル」の場所を指定できます。

おすすめは「デスクトップ」です。

これにより、iCloud Drive内で共有できているMacのデスクトップとのデータが共有されるのです!!

 

場所が「デスクトップ」になっていることが確認できたらOKです

 

これが私のMacBookのデスクトップのファイルとなります。

データ移行もかなりスムーズですし、すごいですね。

おすすめは「デスクトップ」ですが、「ダウンロード」や「最近使ったもの」も非常に有用だと思いますのでご自身にあったファイルを表示してみてはいかがでしょうか?

 

iPad OS 15の機能まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、発表された新iPad OS 15の機能などをお伝えしてきました。

当初のiPadとは比べ物にならないOS・デバイスの進化。新型iPad miniも発表され、こちらも前回のiPad Air 4と同様に拡張性の高いtype-cを搭載されており、今後もiPadの利便性は止まるところを知りませんね。

今回のOS 15では私的にはウィジェット機能が一番優れていると思いましたが、みなさまはどう感じておられるでしょうか?

今後にもとても期待していきたいと思います。

それではまた。

-ガジェット