お得 ポイント

【3年で1000万貯めた】一般サラリーマンの節約方法について

ブログ「お得なお便り」を管理しているさっぴーです。@sappy_blog

 

困っている人
会社員はどうやって節約したらいいのかな?
ある節約方法を3年間実践して1,000万円貯めました。その方法をお伝えしていきますね。
さっぴー

 

 

会社員、特に新入社員の給料は少なく、ある程度節約していかないと給料を使い切ってしまうこともしばしば。。

 

 

私も新卒の時の給料はゲームやパソコンなどを買ってしまい、ほとんど手元に残っていなかった記憶があります。

 

 

頑張って稼いだ給料ですから本当に自分に必要なものにお金を使うのはとても良いことだと思います。

 

 

重要なのは「無駄な出費を抑える」ということ。

 

 

無駄な出費が減った分、お金が手元残り、お金があると心に余裕が生まれます。

 

 

心に余裕があると、結構何事も上手くいくんですよね。

 

 

 

こんな人におすすめ

  • 何から節約を始めていけばいいか分からない人
  • 節約したいと思っている会社員の人
  • 節約でお金を貯めたいと思っている人
  • 節約方法のまとめ

 

 

 

下記の記事では「節約」と併せると効果的な「ポイ活」についても解説していますので、併せてご覧ください。




会社員ができる、出費を減らす節約方法

早速、本題に入っていきましょう。

 

「何のために節約するのか」という目的は、この記事を見てくださっている人それぞれの理由があるかと思いますが、「節約の方法」に関しては誰でもほぼ同じです。

 

「出費を減らす」ということは、単にお金を費う(つかう)だけではなく、毎月給料から天引きされている税金なども出費のうちに含まれると私は考えています。

 

そのため、私の中で「節約」というものは多岐に渡ります。

 

それらをまず整理していきましょう。

 

節約の種類

  • お金を費うのを控える
  • 固定費を見直す
  • 税金を考える

 

サラリーマンの節約方法①お金を費うのを控える

まず、「節約」と聞いて最初に思いつくのが、お金を費わないように生活するということではないでしょうか?

 

確かにその効果は絶大ですが、長続きさせるのは結構しんどいです。

 

なぜなら、人間は「衣・食・住」にお金を費わないと現代社会で生きていけないからです。

 

さらにこれは経験上ですが、あまりにも財布の紐を閉めすぎるのは精神衛生上おすすめできません。

 

「あれもダメ、これもダメ」と制約を増やしすぎると自分の首を絞め続けるようなもので、すぐにストレスが爆発(無駄使い)してしまいます。

 

ここでいう「お金を費うのを控える」とは下記の通りです。

  • 無駄なお金を使わない
  • 無駄に高いものを買わない
  • 新品にこだわらない

 

全国の平均的な使用額も載せているんで、ぜひ自分と比べてみてください。

 

無駄なお金を使わない

「今日は飲み会に行くぞー」

「コンビニでお茶を買おう」

「お昼ご飯にラーメンを食べよう」

「安いからこれも買っておこう」

 

上記に当てはまる人は要注意です。

 

飲み代の全国平均は毎月6,200円のようです。

 

私は行きたくない飲み会には絶対に行きません。

 

かといえば自分に必要な飲み会に関しては多少高くても行っています。

コロナの影響で飲み会自体なくなりましたが、、
さっぴー

 

一時期は「ノミュニケーション」という言葉もありましたが、私はあの言葉には否定的です。

 

酔って正しい判断ができない状態で、コミュニケーションも何もあったもんじゃないですよ。


コンビニで買うお茶も100円ほどで買えますが、自炊すれば500mlあたり5円ぐらいで作れます。自炊することでペットボトルゴミも減るし、分別の手間も減るし、お金は節約できるしでいいとこ尽くしです。

 

日本でどれだけのペットボトルが消費されているかプラなし生活さんの記事を併せてご覧ください。ペットボトルゴミへの意識が変わりますよ。

 

1日1本お茶を買うと月に3,000円の出費になります。

 

水筒も1,000円前後で売ってますので、1ヶ月ぐらいでお茶を自炊すれば元が取れますよ。

 

ランチも同様です。ラーメンが1杯1,000円する時代です。簡単な自炊だと1食200円もかからず作ることができます。

 

どうしても自炊する時間がない人におすすめなのが、米だけは家で炊いて持っていき、オカズはサラダチキンを買う方法です。低脂質の食事になるので、カロリーも抑えることができます。

 

 

全国平均では会社員のランチは1食600円前後なので、月18,000円の出費になります。

 

改善ポイント

  • 必要ない飲み会には行かない
  • 食事やお茶を自炊する
  • コンビニに行くのを控える⇨「ついで買い」の防止
  • 「買う」から「借りる」を検討してみる(下記関連記事をチェック)

 

年間節約合計

  • 飲み代:6,200円×12ヶ月=74,400円
  • お茶代:3,000円×12ヶ月=36,000円
  • ランチ代:18,000円×12ヶ月=216,000円
  • 合計節約額:326,400円

 

無駄に高いものを買わない

「スーツはブランド品じゃないと」

「iPhoneは最新のものにしないとね」

「ロボット掃除機を買おう」

 

上記に当てはまる人は要注意です。

 

シャツはユニクロで十分すぎます。私はユニクロのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツを愛用しています。現在1,500円で販売中ですが、私はセールで990円でゲットできました。

シンプルなデザインなので夏場はこれ1枚で十分でした。色違いなどでこの商品を4枚購入しています。4枚で約4,000円と激安。

 

ブランド品だと1枚のシャツが5,000円以上するので、その差は明らかです。

 

スマホに関しても最近は戦争や円安の影響もあり、新品のiPhoneが11万円以上する高級品です。Androidスマホも今やiPhoneと遜色がないので、Androidも候補にしていいと思います。

 

ロボット掃除機も便利ですが、購入すると高額です。10万円超えなので、出費としては大き過ぎますね。

 

家電は「買う」よりも「借りる」方がお得です。

 

下記の記事はルンバをレンタルしてみたレビューなので、併せてチェックしてみてください。

 

改善ポイント

  • 服はファストファッションが最強
  • iPhoneにこだわる必要もない
  • 家電はレンタルを検討する

 

新品にこだわらない

「スマホは新品に限るね」

「最新ゲームを買いに行こう」

 

上記に当てはまる人は注意です。

 

先ほどスマホは安いAndroid端末でも十分だと説明しましたが、iPhoneでもAndroidでも新品ではなく中古品になるとさらに出費を抑えることができます。

 

私も使っているiphone SE第2世代は中古品で27,000円程度で購入可能です。処理能力も速く、まだまだ現役で使用可能です。

 

しかし、大手オークションサイトなどで購入を検討されている方は「赤ロム」に注意して購入しましょう。

 

赤ロムとは

携帯会社を経由して、分割払いで購入したスマホの端末代金に未払いが発生すると「ネットワークの利用制限」がかけられてしまいます。

制限がかかった状態のスマホの事を「赤ロム」と呼びます。赤ロム状態のスマホはSIMカードを入れ替えたとしてもネットワークの利用制限がかかっており、使用できないのです。


最新ゲームの購入にも注意が必要です。ゲームは発売から2ヶ月ぐらい待つだけで、中古品が出回るようになり新品と比べるとかなりお買い得です。

 

新作ゲームのプレイは発売時にするのが一番ホットだとは思いますが、その辺りはご自身に本当に必要かで判断されるといいと思います。

 

私はメルカリやヤフオクなどを使ってゲームは購入しています。

 

改善ポイント

  • 新品より中古品で探す癖をつける

 

サラリーマンの節約方法②固定費を見直す

固定費を見直すのは、節約にマストな項目で、「節約」「方法」で検索するとどのサイトにも固定費軽減が重要と書かれています。

 

私も固定費軽減は超重要と考えています。

 

毎月決まった額が引かれていく固定費を下げることの節約効果は絶大です。

 

固定費は一度下がるとそれ以降は自動でお得になります。最初が面倒臭いですが、そこを乗り越えていきましょう。
さっぴー

 

 

固定費の項目としては以下の通りです。

固定費の項目

  • 家賃
  • 車関連の費用
  • 生命保険の保険料
  • 携帯料金やネット通信料
  • 定期購入しているサプリ等
  • 定期の支払にしているもの   (スポーツジムやスマホの課金など)

光熱費などの基本料金を見直すと少しは節約になりますが、私の場合はそこまで変化はありませんでした。それよりも上記のポイントを改善する方が圧倒的に節約に繋がります。

 

電気料金やガス料金の見直しを検討している方は、下記から電力会社の比較をすることをおすすめします。一括で比較してくれるので非常に便利です。

 

私も上記サイトを利用してみましたが、シミュレーションが簡単でした。

 

家賃

あなたが一人暮らしなのか、家族で住んでるのか、実家暮らしなのかによって違ってきますが、ここでいう「家賃」の見直しとは賃貸物件に住んでいる人へ向けてお話しします。

 

家賃は1ヶ月の出費の中で一番高額です。よく「手取り収入の1/3ぐらいが家賃の目安です」と言われますが、私は全くそうは思いません。安ければ安いほど良いです。

 

しかし、安さだけを追求してあまりにボロいところに住んでも意味がありません。

 

自分の条件にあう物件かつ、なるべく安くしていくことが大事です。

ちなみに家賃交渉は絶対に行ってくださいね
さっぴー

交渉のポイントは「値引きしてくれたら即決するという意志をしっかり伝える」ことです。

 

1,000円だけでも家賃を引いてくれたら年間12,000円お得に住むことができます。

 


また、引っ越しの際には引越し業者の一括見積もりをすることを強くおすすめします。

 

一括見積もりを使うことで、1番安い引越し業者を探すことができますので、業者を探す手間がグンと少なくなります。

 

車関連の費用

今は若者の車離れが激しくなってきていますが、それは当然だと思います。

 

車の維持費は高額なのですから。

軽自動車の維持費の平均

  • 車のローン:26,000円
  • 駐車場代 :10,000円
  • ガソリン代:  3,500円

一番安い軽自動車でも毎月4万円以上かかってしまいます。年間で約48万円。

 

これに税金や車検、修理なども合計すると平均で年間約60万円かかります。

 

しかし、子供がいる家庭や住んでいる場所柄、車が必要な人もいます。そうでない人は無理に車を持つ必要はなく、カーシェアの方が便利です。

 

私もカーシェアをよく利用しています。

 

カーシェアにすると毎月の基本利用料(880円)が実質無料(利用料金から880円引き)で、使った分だけの支払いになります。買い物やちょっとしたお出かけなら、1ヶ月に5,000円もかかりません。

 

カーシェアへの変更で年間節約額:約540,000円

 

携帯会社やインターネット会社を見直す

携帯会社を見直すことも大事です。

 

大手キャリアから格安スマホへ変更している人も多いのではないでしょうか?今やスマホの料金は格安時代へと移行してきています。

 

私は5年前までソフトバンクを利用していましたが、思い返すと本当に高かったです。
さっぴー

 

現在もソフトバンクは各種割引なしなら月額7,000円を超えます。

一方同グループ内のワイモバイルでは月額1,980円からと非常にリーズナブルです。

会社や通信容量によっては1,000円を切る会社もあります。

 

節約額:5,000円×12ヶ月=60,000円

 

生命保険などの保険料を見直す

保険料も必要最低限のものにしておくのが良いでしょう。

 

また、生命保険といっても「死亡保険」「医療保険」「がん保険」など多岐にわたります。

 

保険料の全国平均は男性で年間20万円程度のようです。

 

保険料はあなたの年齢や年収・ライフステージによって補償内容や保険金額は変わりますので1つの目安にしてもらえればいいと思います。

 

その中でも見直す必要がある生命保険は下記の通りです。

  • がん保険
  • 死亡保険

 

「2人1人はガンにかかります」

という話を聞いたことはありませんか?

 

保険会社の謳い文句にもなっているこの「2人に1人がガンになります」ですが、説明の仕方に不備があります。

実は「一生涯のうち」という言葉が抜けていることが多いのです。

 

どういうことかというと公益財団法人 がん研究振興財団 「がんの統計2022」によると

39歳までのガンになる確率はわずか1.2%(100人に1人)の割合なのです。その割合から死亡率になると0.2%(全体の10万人に2人)となります。

 

上記のことから私は、がん保険に30代から無理に入る必要はないと思っています。


死亡保険では、貯蓄型保険(養老保険、終身保険、学資保険、ドル建て終身保険)などに加入している人はすぐに解約することをおすすめします。

 

詳しくは両学長の動画で詳しく説明してくれていますので、チェックしてみてください。

 

動画の内容としては

貯蓄型保険のデメリット

  • 保険料控除の節税の効果が少ない
  • 手数料が高い割に補償が少ない保険

この様なデメリットがあり、貯蓄型保険は「掛け捨て保険+正しい投資」には負けてしまうんです。

 

これらの保険を見直すことで、節約だけではなく将来への投資にもなります。

 

定期購入しているもの

定期的に購入しているものも見直してみてください。

 

具体的には下記の通りです。

  • ビタミン剤などのサプリ
  • 新聞や雑誌など
  • 美容品

 

全国の平均額は下記の取りです。

ビタミンなどのサプリの平均額は約2,000円です。

新聞や雑誌などの平均額は約3,000円です。

美容品の平均額は約4,576円です。

 

女性の美容品は必需品ですが、新聞や書籍購入は控えることができます。

額:年間60,000円

 

ちなみに

仕事に関わる書籍に関しては特定支出控除として申告できるようになったので、確定申告して税金を取り戻しましょう!
さっぴー

 

定期的に支払っているもの

毎月定額を支払っているサービスも見直していきましょう。

具体的には下記の通りです。

  • トレーニングジムの利用料
  • スマホゲームなどの課金
  • サブスクリプションサービス

 

全国の平均利用額は下記の通りです。

トレーニングジムの利用料の平均額:10,084円

スマホゲームの課金の平均額:4804円

サブスクの平均額:1468円

合計:約16000円


トレーニングジムの利用料が医療費控除になる制度をご存じですか?

 

この制度により、トレーニングジムに通いながらその料金を医療費控除として算定することができるので、かなりお得にジムを利用することができます。

 

医療費控除とは

1年間の医療費の合計が10万円を超えた場合に利用することができる控除で、所得税から還付があります。

 

このような国の制度は積極的に利用していきましょう。


サブスクは便利ですが、同じようなサービスを重複して利用していないか見直してみることをおすすめします。

 

下記の記事では、サブスクサービスのまとめを紹介していますので併せてチェックしてみてください。

 

サラリーマンの節約方法③税金について考える

最後に税金について考えていきます。

「税金」と聞くと苦手意識を持ってしまう人が多いと思いますが、「税金」について知ることは会社員にとって節約への近道です。

 

私ももっと早くから税金の勉強をしておけばと少し後悔しています。
さっぴー

 

毎月の給与明細で、給料から引かれていく税金が多いのは嫌ですよね。

 

「給料から天引きされていくお金を少なくしたい」

 

と思っている方は多いと思います。

 

解決策としては下記の通りです。

税金の解決策

  • ふるさと納税をする
  • iDeCo(イデコ)を利用する
  • 医療費控除を利用する
  • 特定支出控除

 

ふるさと納税をする

ふるさと納税とは

自治体に2,000円以上の寄付(納税)をすることで2,000円を超えた額に対して寄付金控除を受けることができる制度です。自治体からは寄付金の返礼品として食料品や特産品などがもらえます。

 

分かりやすく説明すると、来年分の住民税を先払いしている感覚です。
さっぴー

ふるさと納税はクレジットカードが利用できるところも多いので、クレジットカードの利用ポイントも貯めることができます。

返礼品(お礼品)も貰えてお得しかない制度です。

 

1点注意ですが、ふるさと納税は無限に寄付できるわけではなく、あなたの所得などに応じて寄付金の上限額が決まりますので、あらかじめ自分の上限額をシミュレーションしておきましょう。

 

下記の記事では、おすすめのふるさと納税先や返礼品についてお伝えしていますので、併せてご覧ください。

 

iDeCo(イデコ)を利用する

iDeCoとは

  • 個人年金のようなもので、自分の上限額の中で証券会社で積立て投資していく
  • 毎年の掛け金が全額所得控除の対象となる
  • 60歳からは元本と運用で出た利益分を節税効果の高い控除で受け取ることができる

 

こちらも将来に向けた資産の形成だけでなく、掛け金の全てが所得控除になります。

 

私の場合は年間276,000円積立ているので、276,000円が所得控除されますが、この金額が所得控除されると約80,000円の節税効果になります。

 

デメリットとしては、「60歳を超えるまで原則お金を引き出すことができない」ことです。

 

上記の節税効果は無収入の人(専業主婦の人など)には効果がないので注意してくださいね。

 

下記の記事では私が3年間iDeCoを運用してみた結果をお伝えしているので、併せてご覧ください。

 

医療費控除に関しては先述の通り年間の医療費が10万円を超えた額は所得から控除されるので、税金が返ってきます。

 

 

特定支出控除

サラリーマンは経費を落とすことはできませんが、条件を満たすことで職務上必要な下記の項目で控除が受けれます。

  • 通勤費
  • 衣服、スーツの費用
  • 交際費や図書費
  • 資格取得費
  • 研修費
  • 転居費
  • 職務上の旅費(出張費)

上記の項目で控除が受けれるとかなり「おいしい」ですが、その条件は厳しいです。

 

まず、大前提として、上記の項目を会社から非課税で支払われていないことが必要です。通勤費は別途支給されている人がほとんどではないでしょうか?

 

また手続きも煩雑で領収書の保管や処理、確定申告も必要になります。

 

また、控除が受けられる最低ラインの金額があるので、全ての金額が受けられるわけではありません。その金額も高額です。

詳しい計算は省きますが、年収600万円のケースでは82万円以上の経費について控除を受けることができます。

 

つまり、上記の項目について82万円を超えなければそもそも控除を受けることができません。

なので、上記項目を年間で90万円自腹で払ったとしても 90万円➖82万円=8万円の所得控除しか得られないのです。

サラリーマンの節約方法まとめ

今回は私が3年間で1000万円貯めた節約方法をお伝えさせて頂きました。

 

 

サラリーマンでは特に税金部分の節約が重要になります。最初はとっつきにくいところがあるかもしれませんが、iDeCoやふるさと納税に取り組んでみてください。

 

上記の節約を実践することで、少なくとも毎年100万円以上貯めることができるので、一緒に節約していきましょう!!

 

そのためにも証券会社で口座を作るところから始めなければなりません。口座を作るのにも時間がかかってしまうので、「とりあえず口座を作ってから考えよう」で大丈夫かと思いますので、ご検討ください。

 

-お得, ポイント