Uncategorized 健康

新型コロナウイルスの2回目のワクチン接種について、補償や副反応などお伝えします

みなさんこんにちは、さっぴーです。

 

困っている人
新型コロナウイルスのワクチンはなんだか怖いんだけど、打ったほうがいいのかな?副反応ってどんな感じなのかな?

 

今回はこのような疑問に答えていこうと思います。

 

私自身、5月中旬に2回目のワクチン接種を行いました。残念ですが、それにより副反応が出てしまいました。それらも詳しくお伝えしていきますね。今回この記事を書くかは、Google的にどうなのかとても悩みましたが、一人でも多くの人に副反応についてお伝えできればと思いPCの前に座りました。

 

今回の記事では

  • コロナワクチンは接種したほうがいいの?
  • 私自身に起きたコロナワクチンの副反応
  • 最後に

 

これらについて深堀りしていきますので、最後までお付き合いください。

 

コロナワクチンは接種したほうがいいの?

そもそも今回のワクチン接種は結果から言うと、強制ではないので本人の意思を尊重するという内容になっています。

その内容は予防接種法という法律で管理されています。具体的には下記の画像の通りです。

ワクチン接種は強制ではなく努力義務

難しい言葉が出てきました。努力義務。なるべく受けてね!ということでしょう。

私自身、訪問リハビリの仕事をしており、利用者様やご家族様からワクチン接種をどうするべきかめちゃくちゃ相談されます。もちろん、かかりつけ医にも相談されていると思われますが、Drによってははっきりと「接種したほうがいい!」と言い切れる人もいないようで「個人に任せます。」と消極的なDrもいるようです。なぜなら接種後の副反応などで緊急事態に陥った場合に「先生に接種していいと言われたのに!!」と訴訟になることも考えられますよね。基本は国が保障してくれますが、可能性としては考えられます。

私の知り合いのDrの話によるとコロナに感染するリスクと、ワクチンの副反応による体調不良のリスクを天秤にかけた時にコロナ感染のリスクのほうが大きいと言うお話をお聞きして私も接種に踏み切りました。

私が接種したワクチンはファイザー社製のワクチンですが、モデルナ社など他会社のワクチンも続々出てきています。ファイザー以外の他社製のワクチンは色々な噂が囁かれていますが確かな情報ではないです。。

健康被害の保障は国が肩代わり

これが一番気になるところですよね。実際にどうなったらどれぐらい保障してくれるのでしょう?

結構しっかり保障されています。

死亡一時金で4千万と大きい数字です。もちろん誰もがこんなものもらいたくないですけどね。何かあった時でも補償という観点からは安心できそうです。

しかし、これからの保障ははっきりと予防接種が原因で死亡などが起きてしまったという確証がないと降りないものとなっています。

それらはかなりシビアにチェックされるため、誰しもが保証されるものではないように感じます。

 

私自身に起きたワクチンによる副反応

ここからは副反応の話をしていきます。

巷では、これがとても心配されているところだと思います。私自身、副反応についてとても軽く考えていましたが、もう少しよく考えてからするべきだったと思いました。

私に起きた副反応

  • 発熱
  • 頭痛
  • 注射部の腫れ・熱感・痛み
  • 注射側の鎖骨下リンパの腫れ・痛み

上記のような副反応が起きましたが、接種初日と翌日以降に分けて症状が違うのでそれらをお伝えしていきます。

2回目のワクチン接種当日に起きた副反応

ワクチン接種そのものはインフルエンザワクチン接種時とほぼ同じ程度の痛みでした。そして接種後30分間は待機場所でアナフィラキシーショックなどが出ないかを確認しなければならないので、待機となります。私を含めて誰もアナフィラキシー反応は出ていませんでした。

それ以降は普通に働くことができましたが、接種後3時間ぐらいから注射部の腫れや痛みが強くなってきて、6時間後には痛くて肩が上がりにくい状態でした。そのため、睡眠時は痛くて注射した側を下にした横向きで寝ることができませんでした。

 

2回目のワクチン接種翌日に起きた副反応

朝目覚めると、体が重く目眩もありました。この倦怠感は、、、、と思い、体温測定すると37,8℃。

仕事ができる体調ではなかったのでお休みを取りました。(有休です)

この日は本当にしんどくてずっと寝ていました。

後から同僚たちにも確認すると、全員すべからず、私と同じような体調不良が出ていたとのことです。その中には39℃以上の熱発が出ていた人もいるとのことでした。

左鎖骨のリンパも腫れており、首を捻るだけで痛みが出ていました。

2回目のワクチン接種翌々日に起きた副反応

翌日と同様の症状が全然抜けません、熱も37℃後半をキープしていました。しんどい。。

2日目は新たに副反応が出たというよりも同じ症状が抜けないという感じでした。

 

実際、副反応は3日目まで続き4日目に回復しました。

久々に熱が出るとしんどいですね。。

 

まとめ

私の場合はワクチン接種から3日目まで副反応が出ていました。副反応は風邪の症状がやや重いような感じでした。そのため、みなさまも接種後翌日以降の予定はなるべく入れないほうがいいと思います。

また、うちの職員は若い世代が多かったですが、65歳以上の職員もワクチン接種しましたが、案外ケロッとしており副反応が出ていないようでした。これから65歳以上の接種が始まっていくと思います。その次は一般向けに始まりますので、ワクチン接種を希望される方は副反応に留意して接種されるようにお願いいたします。

自身の希望に沿っての接種を!!!

それではまた^^

 

-Uncategorized, 健康

© 2021 お得なお便り Powered by AFFINGER5