ガジェット 副業

会社員による副業Webライターの初め方

 

困っている人
副業でWebライターをしたいんだけど、始めるためには何が必要なの?
会社員兼Webライターしても活動している筆者がおすすめの始め方をお伝えしていきますね
さっぴー

 

現在、コロナ禍により副業ブームの真っ只中です。企業に依存せずに「個人」で稼ぐ時代に入ったということですね。

 

そんな副業の形はさまざまですが、会社員の私がおすすめするのは「Webライター」です。

 

これからWebライターを始めようと考えているあなたに向けて「Webライターの始め方」についてお伝えしていきます。

 

筆者はWebライターとしては2ヶ月目ですが、すでに3万円稼ぐことに成功しています。その方法も後述しますね。

 

@sappy_blog

 

この記事で分かること

  • 副業Webライターの始め方
  • Webライターの魅力
  • 副業Webライターで3万円稼ぐコツ
  • まとめ

 

会社員による副業Webライターの始め方

Webライターはその名の通りWebの記事を書く人のことです。

 

「副業」としてWebライターは大人気の職業になってますね。

 

なぜなら、Webライターは特別な資格は必要なく、事実何の取り柄もない私でも稼ぐことができているからです。

 

あなたもこの記事を読んで、副業Webライターとしての道を拓いていきましょう!

 

筆者が実践した副業Webライターの流れは下記の通りです。

  1. 時間を確保する
  2. パソコン、ネット環境を揃える
  3. クラウドワークスに登録する
  4. 仕事を探す
  5. 仕事を終えて報酬を受け取る

今回は私が利用している「クラウドワークス」を例にしてお伝えしていきます。

 

step
1
時間を確保する

Webライターに限らず、副業を始めようと思っている人は作業に充てる「時間」を確保しなければなりません。

 

本業で会社員をしていると、通勤時間や勤務時間があるので、ただでさえ自分の時間が作りにくいですよね。

 

筆者が実践した時間確保の方法は下記の通りです。

  • 朝活
  • 残業をしない
  • スキマ時間を有効活用

これらを実践して時間を確保することができました。

スキマ時間では、タスクを5分単位でこなせる程度に限りなく細かくしていくことが重要です。コツコツ積み重ねていきましょう!

 

step
2
パソコン・ネット環境を整える

Webライターはスマホでもできますか?と質問を頂きますが

結論!「パソコンでやろう!」です。

 

スマホは画面が小さく、パソコンと比べると作業効率がめちゃくちゃ劣ります。しかし、Googleドキュメントの修正はスマホでも行えるので、「使い分け」が重要ですね。案件によってはスプレッドシートで提出をするので、パソコンでの作業がおすすめ!

 

パソコンのスペックは高くなくても十分だけど、できる幅を広げるためにはミドルクラスのパソコンがおすすめ!macbook air M1が型落ちでお買い得!!リセールバリューもあるしね。

パソコンが準備できたら、次はネット環境。

 

筆者は出先で作業することが多いので、スマホの「テザリング」を使って通信しています。

テザリングとは

通信できるスマホをモバイルルーターの感覚で使用して、タブレットやパソコンでもネット通信できるようにする方法のこと。

街中のフリーWi-Fiは盗聴やパスワードの流出リスクがあるので安全性の高いテザリングがおすすめ!

 

携帯会社の大容量データ定額プランが安くなってきたので、新たにネットを契約するよりもスマホテザリングの方が便利ですね。

しかし、テザリングはスマホのバッテリーをかなり食うのでモバイルバッテリーが必須です。

筆者はAnkerのモバイルバッテリーを使用しています。これ最強。

 

 

step
3
クラウドワークスに登録する

クラウドワークスへの登録は簡単ですが、プロフィールの作り込みに時間をかけましょう。⇨プロフィールについては後述の「3万円稼ぐコツ」をご覧ください。

 

step
4
仕事を探す

職種ごとに探すことができるので、「ライティング・記事作成」項目から検索していきましょう。

最初は実績作りのために単価が安い仕事でも受けることをおすすめします。クラウドワークスに慣れていくためにも案件をこなしていくことを意識していく方がいいでしょう。

 

step
5
報酬を受け取った今後について

仕事を完了し、クライアントの検修が完了すればマイページに報酬が反映されます。

実際にあった話ですが、納品物や対応などが気に入られれば「スカウト」といってクライアントから直接依頼を頂くことがあります。スカウトが増えてくると単価も交渉しやすいので、1件1件真摯に案件には取り組みましょう!


以上が会社員がWebライターを始めていく流れになります。

 

一番のネックは「時間を確保する」ことと、「やる気」だと思います。

 

筆者がなぜ副業でWebライターを続けてこれているかをお伝えしていきます。

 

副業Webライターの魅力について

筆者は昨年、病気により2ヶ月間仕事を休むことになりました。傷病手当を申請しましたが支給まで時間がかかったので、とても不安に感じたんです。

 

そんなトラブルの時に、「会社以外からの収入」があると心強くないですか?

 

そこで今回注目したのが、Webライターです。

 

筆者は以前からこのブログを運営していて、文を書くことは好きだったので、「これだ!」と思い、クラウドワークスに登録しました。

 

実際にWebライターとして仕事をしてみましたが、もっと早くからやっておけばと後悔の念が。。

 

それほど副業Webライターには魅力が多かったからです。

 

副業Webライターの魅力

  • 時間に縛られずに仕事ができる
  • 人と顔を合わす事がないので楽
  • 金銭的リスクが少ない

 

時間に縛られずに仕事ができる

Webライターは自分で仕事を選ぶことができるので、仕事量の調整ができるのが強みです。そのため、プライベート優先させる時は仕事量を減らすこともできます。

 

自分のライフスタイルを1番に考えることができるWebライターは凄い仕事ですね。

 

当たり前ですが、案件の期限はしっかりと守って仕事に取り組んでいきましょう。

 

人と直接顔を合わす事がない

筆者の本業は理学療法士です。医療職ですが基本的にサラリーマンとほぼ同じです。

 

医療職は人と接することがめちゃくちゃ多い仕事なので毎日毎日人と顔を合わせて、正直疲れます。顔色を伺いながら仕事をしていると疲れるのは私だけじゃないですよね?

 

一方、WebライターはWeb上で完結する仕事なので、クライアントと顔を合わせることなく仕事を受注し、納品し、報酬を得ることができます。

 

注意点

クライアントによってはWeb会議の出席を促してくることもあるので、あらかじめ案件の募集要項にしっかり目を通しておこう!

 

金銭的なリスクが少ない

筆者が考える最大の副業リスクは「金銭的リスク」です。

 

筆者の場合は妻も子供もいるので、金銭的リスクを限りなく少なくして、手元にある物や技術でできることを優先して考えていました。店舗を構えたりする副業になると、家賃や光熱費などの出費がどうしても大きいので、マイナスになるリスクが大きいですよね。

 

他のリスクとしては挫折した場合に「時間を無駄にしてしまうリスク」もありますが、Webライターの場合はもし失敗してもライティング技術やマーケティングについて学べますし、「時間を無駄にする」ということはことはないでしょう。

 

Webライターして経験した全てはこれからのあなたに役立つでしょう。

 

副業Webライターで月3万円稼ぐコツ

先述しましたが、筆者はクラウドワークスに登録して3ヶ月で月3万円の報酬を得ることができました。

 

困っている人
3万円も稼げるの?
あまりスキルがない私でもコツを意識して稼げました
さっぴー

 

稼ぐコツ

  1. プロフィールを充実させる
  2. 低単価の案件をこなす
  3. クライアントには誠実・謙虚に
  4. SNSアカウントも作成しておく

 

プロフィールを充実させる

困っている人
プロフィールは少しだけじゃダメなの?書くことないよ
結論ですが、プロフィールは超重要なので作り込みましょう!
さっぴー

 

それもそのはず、クライアントからするとプロフィールというものは「あなたの名刺替わり」です。

 

あなたがどんなことができる人なのか?どんな実績があるのか?仕事を任せられそうな人間なのか?

 

これらをプロフィールで判断しています。めちゃくちゃ重要でしょ。

プロフィール作りが苦手な人でも安心なのが、クラウドワークスでは、ある程度プロフィールの雛形が準備されているので、それに沿って入力していくだけでも作成できます。しかしある程度ボリュームが必要です。

 

あなたのこれまでの実績(ポートフォリオ)があるとクライアントからも信頼されやすくなるので、契約に繋がりますね。

 

低単価の案件を積極的にこなす

クラウドワークスでは案件が無事に完了すると、クライアントと受注者がそれぞれを評価することができます。評価の多さはそのまま「あなたの信頼性」となります。

 

そのため、登録したての頃はひたすらに低単価案件をこなしていきましょう!

 

しかし、案件の中には単価をかなり安くしているものもあるので、許容範囲を自分で線引きしていく必要がありますね。

 

クライアントには誠実・謙虚に

良さそうな案件が見つかれば、応募後に採用となりクラウドワークス上でメッセージのやり取りをしていきます。社会人としての自覚のあるやり取りを心掛けましょう。案件1件が次の案件を産んでくれます。

 

ただ、クライアントによっては返信が遅い場合もあります。信用できないようなクライアントもあるようなので注意ですね
さっぴー

 

SNSアカウントを作っておく

筆者はクラウドワークス用にSNSアカウントを作っています。実はプロフィールにもアカウントを載せることができるので、作っておくことをおすすめします。毎日少しでも発信している方がクライアントから見ても1つに信用性に変わってきます。


 

筆者はこれらのコツを実践することで、月3万円を稼ぐことができました。

 

後は「継続」していくことが重要!

 

副業Webライター始め方のまとめ

副業Webライターの流れは

  1. 時間を確保する
  2. パソコン、ネット環境を揃える
  3. クラウドワークスに登録する
  4. 仕事を探す
  5. 仕事を終えて報酬を受け取る

1番難しいのは「時間の確保」でしょう。そこさえ乗り越えたら、後は気合いで続けていきましょう。

 

案件を成立させていくためにはあなたの信用度も重要です。そのためにプロフィールを充実させて、契約を手に入れましょう。するとあなたの「評価」も上がっていきますので、更なる契約へ繋がりやすいです。

 

ぜひ下記公式サイトからチェックしてみてください。

 

また、ポートフォリオになるブログをすでに運営している人やこれから始めようと思っている人は「ブログで5億円稼いだ方法」(きぐちさん著)の本を読んだ感想もぜひご覧ください。

ブログの始め方の教科書!「ブログで5億円稼いだ方法」をレビューしてみた

続きを見る

-ガジェット, 副業